英語がまったく話せない方におすすめのフィリピン留学

学生の声(TOEICコース)

Mr.HIROYUKI 男性 2014年4月12日~

Aコース(12週間)+TOEICコース(4週間)

 

TOEICコースには基本的に英語を熟知した先生しかいなかったので、先生に必死について行くことで点数を伸ばすことが出来ました。毎朝テストを受けるのはキツイのですが、1ターム頑張ることが出来ればいろんな意味で自信が付くと思います。また、ボキャブラリーを増やすには最適なクラスだと思います。

 

Mr.HIRO 男性 2014年1月18日~

Aコース(16週間)+TOEICコース(8週間)

 

自分の英語能力を誤魔化しなしで数値化しておきたかったこと、日本に帰った後に復職する会社でもTOEICのスコアを取ることが推奨されていたことから、フィリピン留学の成果の一つとしてTOEICの点数を取っておきたいと考えました。

 

僕は8週間受講し、インターミディエットTOEICを4週間とアドバンスTOEICを4週間経験しました。より効果を感じたのはアドバンスTOEICになった時です。毎日の模擬テストと授業で1日8時間の勉強はハードでしたが、2時間のテスト時間でいかに効率よく解いていくかを身体で覚えられたことは、本番で非常に役立ちました。

 

最終的には900点越えを狙っているので、卒業後も継続して勉強して、達成できるように頑張ります。

 

 

MASANORIさん 男性 2013年10月12日~

Aコース(18週間)+TOEICコース(4週間)

 

ターラックを大型台風が襲った翌日に入学したMASANORIさんでした。電気のない最悪な状況での授業でしたが、入学時にビギナー3だったところを4週間でインターミディエット3までUPさせました。そして翌月にはアドバンス1に!

 

「TOEICコースに入る前にMMBSが推薦しているグラマーの教科書2冊(エレメンタリーとインターミディエット)を使用して1から文法を学べ、しっかりと基礎を固められたことが大きかったと思います。」とMASANORIさんは言っています。

Aコースで16週間、その後たった4週間のTOEICコースでしたが、基礎力が付いていたおかげで十分にTOEICコースの利点を生かすことが出来ました。

 

「留学したことでTOEICの点数を480点も上げることが出来たのはMMBSの先生とスタッフの方々のおかげです! 本当にありがとうございました。 MMBSに留学して本当に良かったです。」と日本に帰った後にわざわざメッセージを頂きました。

入学前は370点しかなかったMASANORIさんの点数の変化はこちらです!

 

MMBS入学前 370点

 

2013年10月12日 MMBS入学

 

 ↓ Aコース 13週間

 

2014年1月11日 670点

 

 ↓ Aコース 3週間

 ↓ TOEICコース 1週間

 

2014年2月8日 750点

 

 ↓ TOEICコース 3週間

 ↓ Aコース 2週間

 

2014年3月16日 850点

 

2014年4月から新社会人となったMASANORIさん。入社前にしたフィリピン留学は大きな成果を出しましたね。おめでとうございます。

 

NORIKOさん 女性 2013年9月2日〜 

Aコース(6週間)+TOEICコース(6週間)

 

インターミディエットTOEICコースを6週間受講致しました。

朝8時から夕方5時までの8コマの授業、昼食1時間と授業間での10分休憩という日課で過ごしました。毎日の授業内容は主要なPt3・4・5・7・週一回の模擬試験とそれの解説という構成でした。

 

それぞれの授業内容は、一問の内容を聞き取れるまで何度も聞きリスニング力を習得するものと時間配分の感覚を身につける練習の「Pt3・Pt4」、模擬試験の解説を受ける「カウンセリング」、例文を交えての解説と英単語を英語で理解することでPt7で必要な類語を同時に習得する 「vocabulary」、長文の解き方の方法を習得する「Pt7」、短時間で解答するために必要な文法を学ぶ「Pt5」でした。

 

授業後は先生からの宿題として1時間ほど文法確認のための文作りと長文読解を行い、自分自身の宿題として1~2時間英単語を覚えることとテストの復習をしていました。受講前はマンツーマンではなくグループ授業であるため深く理解できるのか不安がありましたが 先生、クラスメイトと適度な距離感があり、リラックスした気持ちで授業に集中できる良い環境でした。また、一日8時間も勉強をできるのか自信がありませんでしたが、このコースの学力の生徒に必要な的を絞った授業内容、TOEICへの理解が深くその時点での生徒の理解の視点に立ちそこからの道筋をたてて説明をしてくれる優秀な先生、切磋琢磨するクラスメイトのお陰で集中した濃い時間を過ごすことができました。

 

日本で自習をしていた頃、果てしなく思えた2時間200問のTOEICですが、受講が終わった現在200点ものスコアアップという結果と、受講が終わったいま英語が楽しくなりもっと勉強したという意欲を得ることができ このコースを受講できたことに満足しています。

 

2013/04/14 375点(コース受講前)

2013/11/16 620点(コース受講後)

 

RURIさん 女性 2012年11月~ 23週間

 

TOEIC&IELTSの勉強が出来るということでMMBSを選びました。TOEICの先生の教え方は本当にすごかったです。また、先生と出かけることが出来るため英語の練習が出来、ビギナー3から始めてアドバンス1まで伸びました。

日本人マネージャーが3人いますが、そのケアが凄いです。厳しいですが、生徒一人一人のことをちゃんと考えてくれています。日本人に合った食事もちゃんと考えてくれていると思います。

ターラックは遊ぶ場所は正直少ないですが、勉強する環境としては最適だと思います。

 

 

MARIさん 女性 2012年9月~ 4週間

 

初めての海外留学の為、最初の2ヵ月間はセブの学校に通いました。そこでの目的はゆったりとした生活をしつつ英語環境に体を慣らすためでした。セブでの留学(2ヵ月)後、TOEICコースを受講するためにMMBSに入学しましたが、初日のオリエンの中で日本人スタッフの方から自分の基礎(グラマー)をかためてからTOEICコースに入った方が良いというアドバイスを頂き、マンツーマンの多いAコースに変更しました。

 

1ヶ月間は1日3時間のグラマーの授業を設定し、1ヶ月間の内にグラマー教材1冊を終わらせました。グラマーの知識を十分に入れた上で念願のTOEICコースへ変更!!

 

TOEICコースへの変更は、スピーキングの時間が少なくなるのでその点は不安も多少ありましたが、その代わりにリスニング、リーディング、ボキャブラリー能力は格段に進歩しました。何といっても毎日2時間の模試と1日8時間(模試含む)がTOEICに慣れることが出来た一番の違いです。

日本でもTOEICの勉強は出来ますが、英語環境に身を置きながら勉強をする事、毎日テストに向き合うことでTOEICに対する抵抗感(苦手意識?)を取り除くことができました。また、3週間目あたりから自分でも自覚できるくらいリスニングの力とボキャブラリーの量が向上しているのが分かった時は感動しました。

 

約10年前受けた時は420点だったスコアは、今回の公式試験の685点を取ることが出来ました!700点には届きませんでしたが、今回のフィリピン留学の成果としてはまずまずだと思います。

 

勉強できる環境が整っています。やるかやらないかは本人次第だとは思いますが集中して勉強したいと思うのならば、是非オススメしたいです。

 

 1ヶ月間のみでしたがグラマーの理解が既に出来ている事、TOEICの勉強法を身に付けられた今、日本に帰っても独自で勉強を続けられると思います。TOEIC受講前の準備(グラマー修得)は怠らずに!!

 

 

TAKAHIROさん 社会人 51歳 

2012年7月~ 2週間

 

この度は大変お世話になりました。

TOEICコースは毎日8:00にまずTOEICの模擬テストを受けることから始まります。
その後17:00まで個人レッスン含めフルに講義があります。夕食後は数時間自主勉強を行っておりました。そして最後の土曜日にマニラで公認テストを受けてそのまま帰国し、その後受け取った結果では、レベルテストのときは530点だったのが、なんと625点まで上がっておりました。年齢も51才であり、当初プログラムについていけるかどうかも心配でしたが、2週間でこれだけ伸ばすことができビックリです。。。

MMBSの特徴である個人レッスンは個人のレベルに応じて進められるため効果絶大です。
それのみならず、帰国してからの勉強方法についてのアドバイスも自分のレベルに合わせた具体的なものであり大変役にたっております。

講座以外では、週末に友達と飲みに行ったこととターラック市への買い物等が良き思い出となりました。(MMBSの門を出てすぐにレストランあり、また、ターラック市へのアクセスも10分程度と大変便利!)

また、日本人スタッフ、食堂のスタッフ、週2回洗濯いただける洗濯コーナーのおばちゃん、構内をきれいにしてくれる掃除のスタッフ及び事務局、警備の方々等皆様が我々生徒のために常に気を配っていただけ、安心してかつ心折れず勉強に専念できる環境となっておりありがたく思いました。

今後また2週間以上の休みが取れたらMMBSへ行き更なるスコアアップを狙いたいと思います。

 

今後とも宜しくお願いいたします。

 

TSUBASA君 大学生 2012年8月~ 8週間 

 

授業はマンツーマンが多いので個人のレベルに合わせた授業であり、授業内容の変更などをフレキシブルに応じてくれる。また、スパルタ制度のあるような学校ではないので自主性を重んじて勉強できた点が良かった。 先生がたくさんいるので全部の先生の授業が良い(自分に合っている)とは言えないが、先生たちのレベルは高いと思う。自分に合っている先生を見つけたら楽しい授業がさらに楽しくなると思う。カリキュラムは考えられているなと思った。

 

今回、一番の成長は英語力の伸びだと思う。MMBS入学前は

 

TOEIC 550点 → 入学3週目 610点 → 入学7週目 770点

(3週目でAコースからTOEICコースに変更)

 

と、確実に点が取れている。

 

また、他の語学学校と違い、先生との距離感がとても近い。私はTOEICを伸ばすために来たのが一番の目標だったので、あまり先生と遊んだり飲みに行ったりはしなかったがSpeakingを伸ばしたい人は授業以外にも多くの機会が作れると感じた。

 

日本人スタッフに関しては愛しています。(笑)怒られる時もありますが、それはMMBSの環境を良くするためにしていることであって、感謝しています。また、他の学校を知りませんが、普段まったく経験がないのに根をつめすぎて勉強をしてしまい、ツラくなったら心から相談にのってくれ、アドバイスをくれた2人のステキな日本人スタッフでした。

 

セブにも語学学校はいっぱいある。短期語学留学を決断した際、最初はセブにしようと思っていたが、MMBSにしたのはセブは誘惑が多いと考えたからだ。フィリピンに旅行と語学の両方の目的を持ってくるならいいが、語学を真面目に取り組もうと思うならターラックの方がいいと思った。(これはターラックが特にすることがないという意味でもあります。笑)MMBSにいて思ったのは、受験などで英語を座学としてやってきた人は文法などの基礎があるので、英語だけの環境にいるとTOEICのListeningの伸びが特に早いなーって感じ、留学あど経験している人はSpeakingの伸びがすごいなーと思った。とりあえずちゃんとやった人は伸びる環境があるので、フィリピン留学を考えてる人はガンバって下さい。笑

 

2ヶ月しかいなかったので、もう少しいたらもっと出来るようになったのになーというのが唯一の後悔です。

 

NAOKI君 社会人 男性 2012年5月~ 

TOEICコース8週間 + Aコース4週間 12週間

 

フィリピン留学にをして一番よかったと思ったことは、たくさんの人の考え方に触れることができたことです。日本人、韓国人、中国人、フィリピン人、10代から50代くらいの生徒が一緒に勉強していたので、普段触れることのできない考え方に、とてもよい刺激を受け自分の将来に向けて視野を広げることができました。  

私は3ヶ月間留学して、最初の2ヶ月はtoeicコース、最後の1ヶ月はインテンシブコースで受講しました。勉強は正直に言うとかなり大変でしたが、toeicコースではスコアを700点から855まで伸ばすことができました。インテンシブコースでは、スピーキングに重点を置いて学習しました。

実は、いま世界一周の旅をしています。ホテル、飛行機の予約、現地での情報収集はすべて英語で行います。勉強の甲斐あって少しつっかえることはあっても、大きな不自由なくコミュニケーションをとることができるようになりました。  

今、フィリピンにはたくさんの英語学校があり、その他の学校のことはよくわかりませんが、MMBSは先生がとてもフレンドリーで授業内外でたくさんコミュニケーションをとることができ実力を伸ばすことができること、日本人スタッフがいるので、授業、私生活の相談に乗ってもらえることです。やはり、外国なのでわからないことがあると不安ですが、MMBSでは困ったときに相談できるので安心して留学生活を送ることができました。 

私は、この3ヶ月間の留学生活で視野を広げ英語力を伸ばすことができたので、きて本当によかったと思っています。

 

 

RYOKOさん 女性 社会人 2012年5月~ 4週間

 

1日中、TOEICに集中することが出来ました。毎日のテストに慣れる事、問題の解き方等、TOEICを専門的に学べるところが良かったです。毎日2時間の模擬TOEICテストは正直つらかったですが、そのおかげで慣れることが出来たと思います。また、先生方は教え方がとても上手で、それぞれのパートに合わせて分かりやすく教えて頂きました。また、テストで点数が下がった時に授業だけでなく、メンタルケアまでしてくださって本当に助かりました。

 

第1週目は毎日テストの点数が上がっていったので、成長が目に見えて分かりましたが、3週目はテストが難しかったので下がる一方でした。点数は伸びたかどうか自信を持って言えませんが、日に日に単語を覚えて使えるようになったり、問題も少しずつスムーズに解けるようになってきました。

 

4週間の短い間でしたが、日本で一人で勉強していたらきっとTOEICを諦めていただろうなと思います。大変な4週間でしたが、その分、たくさん得ることが出来ました。中でも、一緒に勉強を頑張ってきたクラスメイトがいたから、ここまで頑張れたんだと思います。

 

 

YOKOYAMAさん 女性 社会人 2012年3月~ 12週間

 

私がTOEICコースを選んだ理由は転職活動の際にTOEICの点数が必要だったためです。

 

TOEICコースの良い点は下記の3点だと思います。 

①TOEICテスト2時間に慣れることが出来る。(テストの時間配分や2時間テストに集中出来る)

②TOEIC特有のボキャブラリーや問題の解き方を学ぶことが出来る。

③講師陣の質が高い。

 

毎朝TOEICのテストを受けることは正直辛かったですが、午後の授業中には間違った問題を講師の方々が1問1問丁寧に解説してくださいました。おかげで分からないこともその日のうちにクリアになり、すぐに吸収出来たのが良かったです。

 

その結果、8週間で720点から835点にUPすることが出来、これも毎日TOEICのテスト&レビューをして鍛えて頂いたおかげです。更に点数を上げるためにボキャブラリー増強中です。

 

毎日2時間のテストを受けるのは集中力と忍耐がいるので、ある程度覚悟をしてからTOEICコースを選ばれると良いかと思います。ただし、リスニング、リーディングは共に効果があるのでお勧め致します。

 

 

 

Yさん 女性 大学生 2012年4月~ 8週間

 

熱心な先生が多く、私の場合は先生方に感化され、また、鼓舞されました。

 

毎日、本番同様のTOEICテストを受けることが出来たので、すごく精神的にも鍛えられました。全体の授業の構成としては、その環境にいるだけでも非常に点数を伸ばしやすいのだろうという実感です。英語力というよりはTOEIC力がすごく伸びました。表面的な点数ではなく解決方法やパターン、文法的な技術も、短期間で習得できる最短の方法を先生方に指示して頂けたからだと思います。

 

短い間ではありましたが、この8週間は私のその後の人生に劇的な影響を及ぼしていくのだろうと思います。本当にフィリピンに来ることが出来て良かったです。

どうもありがとうございました。

 

 

Kazuki君 20歳 2012年2月~ 6週間

 

最初の頃はTOEICの難しさではなく初歩的な所でつまずいていました。それは2時間というテスト時間を最後まで集中して取り組むことでした。しかし、毎日、模擬テストを続けていくにつれて2時間という時間が全く苦にならなくなりました。むしろ、もう少し時間が欲しいと思うようになりました。この部分は本当に成長した部分であり、とても重要なことだと実感しました。

 

1~2週間目はあまり点数が上がらず「このままこのトレーニングを続けて意味があるのか?」と自分との葛藤がありましたが、それを乗り越えた結果、3週間目から模擬テストの得点が10点ずつ上がってきました。これまでやってきたことが正しかったのだと実感でき、とても自信が付きました。特に得点率がアップしたパートは5と6の語彙と文法です。語彙力は毎日行われる単語テストで徐々に定着していき、文法は先生が教えてくれたテクニックにより、とても速くかつ正確に溶けるようになりました。そこで稼いだ時間をパート7の長文読解に費やすことが出来るようになったことが得点アップにつながったのだと思います。今の課題は長文をいかに早く読めるかが課題です。まだ後2週間あるのでこの努力を続けて、より高い得点を目指していきます。

 

TOEICコースはその名の通り、TOEICに特化したコースなので、通常コースの人よりスピーキングの上達が遅かったです。しかし、今ではようような人と英語で話すようになり日常会話は問題なく交わせるようになりました。

 

 

Kota君 大学2年生 2011年8月~ 16週間

 

就職活動にTOEICのスコアが有利なため、TOEICコースが開始されたことに興味をもち、自分のニーズに合っていると思ったのでコースの変更をしてみました。TOEICの点数は客観的に自分の英語力を確認するのに適していると思いました。

 

以前受けていた授業と比べると、TOEICに関する重要な単語や用法に毎日取り組むことができ、また、先生がTOEICの単語・文法に精通していて、すぐに疑問点を解決することができるのが大きな違いです。授業に慣れてくると問題の傾向が分かってくるので時間配分が出来るようになり、毎日の繰り返し練習がスコアアップにつながりました。カリキュラムもしっかり作られており、目標が設定しやすかったです。

 

TOEICの点数を上げたい人や勉強方法が分からない人にはお勧めです。

 

TOEICコースの成果を見るために、マニラでTOEICのテストを格安で受けることもできるのも良い点です。手続きは学校がしてくれるので楽でした。

 

Akiさん 社会人 2012年2月~ 3週間

 

TOEICのスコアを上げたくてTOEICコースを選びました。理由は2つありました。

1つ目は通信制の大学の外国語の単位に振り替えられる事です。

2つ目はスコアが分かることにより目標が定めやすく、学習を持続させるモチベーションを保てると思った事です。

実際に受講してみて、毎日テストを受けることで弱点が分かり、対策を考えることが出来て良いと思いました。グループクラスとマンツーマンクラスでは、弱点の部分を克服するための授業となったので楽しく出来ました。ただ、僕の場合には弱点があまりにも多くて、時間が足りませんでした。

現時点では多少上がっている程度だと思います。圧倒的に弱い部分は単語力なので、一朝一石で記憶出来ないので結果に出てくるのが遅いと思われます。ただし、短時間で回答を見つけるテクニックは大変役に立ちます。リーディングのパートでは1問45秒でも回答が必要です。これは毎日のテストでペース配分が身に付いたと思います。

TOEICの点数を上げたい人には、このコースお勧め出来ると思います。

 

 

 

 

MMBS入学日

2017年

6月:3日/17日

7月:1日/15日/29日

8月:12日/26日

9月:9日/23日

10月:7日/21日

11月:4日/18日

12月:2日/16日/30日

2018年

1月:13日/27日

2月:10日/24日

 

ターム開始日

2017年

ターム開始日(コース変更日)

6月19日(6月17日)

7月17日(7月15日)

8月14日(8月12日)

9月11日(9月9日)

10月9日(10月7日)

11月6日(11月4日)

12月4日(12月2日)

1月2日(12月30日)

2018年

1月29日(1月27日)

2月26日(2月24日)

 

 

休日と振替授業のお知らせ

 

6月26日(月)

ラマダン明け

フィリピンの予定休日

突然変更になる可能性がありますので、ご了承くださいませ。

2017年

1月1日(日)

New Year's Day

 

1月2日(月)

Non Working Day

 

1月20日(金)

ターラックフィエスタ

 

1月28日(土)

Chinese New Year

 

2月25日(土)

EDSA

 

4月9日(日)

Araw ng Kagitingan

 

4月13日(木)

Holly Week

 

4月14日(金)

Holly Week

 

4月15日(土)

Holly Week

 

5月1日(月)

Labor Day

 

6月12日(月)

Independence Day

 

8月21日(月)

Ninoy Aquino Day

 

8月28日(月)

National Heroes Day

 

10月31日(火)

Special Holiday

 

11月1日(水)

All Saints' Day

 

11月30日(木)

Bonifacio Day

 

12月25日(月)

Christmas Day

 

12月30日(土)

Rizal Day

 

12月31日(日)

New Years' Eve