英語がまったく話せない方におすすめのフィリピン留学

英語の環境を作るために

TOMOKOさん 2018年1月~ 6週間(4週間参加)

 先生サポートを申し込んだのは学校に来てから入学テストを受けた後でした。理由はテストの結果があまりにも酷かったのと留学期間も6週間と短いので「それなら英語を話す時間を買おう!」と思って申込みました。よくWEBなどで「先生と仲良くなって授業後も先生と一緒に英語を話しましょう」というのを読みますが、私には自分の全く話せないレベルの英語力が先生と仲良くなれるくらいまでの会話力が付くまでの十分な時間がない事を分かっていたからです。そのために全く話せない自分とでも話してくれる、先生が付くこの「先生と同室サポート」しかないと思いました。

 留学が始まってから「先生と同室サポート」を申し込んだので、実際にこのコースに参加するまでに1週間待ちました。その間は「先生と同室サポート」に参加していない学生さんと同じように過ごしました。私は4人部屋で申し込んでいたのでルームメイトの日本人学生さんから学校の寮での生活の仕方を色々教えて貰いました。慣れない海外生活の最初の週だったこともあり、日本人学生さんからアドバイスが貰えて良かったです。なので「先生と同室サポート」がない時間も有効に使えました。ただ、英語の上達だけを見れば、それは有効な時間とは言えないと思いました。先生と話さないで自分だけでする勉強の時間なら日本でも作れます。わざわざフィリピン留学に来る必要がありません。私が欲しかったのは「英語力」であって「生活力」ではありません。「生活力」が欲しいなら英語学校に来る必要はありません。直接海外に行けば良いと思います。私がカナダに直接行かなかったのも、英語学校で「英語力」を付けたいと思ったからです。

 先生と過ごす夜の時間ですが、私は1時間復習の時間、1時間会話の時間と決めました。復習の時間は授業で理解が不十分だったところを教えて貰ったり、間違えたところの説明をして貰いました。会話の時間は今日勉強したことを使って話をする時間が欲しかったからお願いしました。アウトプットの時間が授業だけでは足りなかったからです。最初の週は文法力もなかったので先生との会話がYESかNOの答えしか言わないような質問しか出来ず、会話が途切れてしまうこともよくありました。2週目からは自分の質問力にも幅が出てきて会話が続くようになりました。会話も漠然とした話をするのではなく、目的をもって話をするように心掛けています。例えば、今日勉強した中から毎日単語を5つ選んで使えるように練習します。その単語を使って文を作ったり、話をしたりします。時には先生との会話の中で出てきた単語を選ぶこともあります。そしてその単語を使って、使いこなせるようになるまでとにかく話します。

 他にも毎週新しい先生と一緒に生活をしました。どの先生もそれぞれに良いところがあります。話すのが早い先生は大変でしたが、普通は学校の先生のようにゆっくりとは話してくれませんから良い練習になりました。 

 自分に合うと思った先生は、自分が勉強したいといった文法を何度も使うような質問をしてくれた先生でしたが、一緒に生活した4名の先生はどの先生も楽しかったし、ためになりました。

 先生との会話は英語で、しかも間違った発音や文法ではありません。MMBSには他の国籍の学生さんがいるので、英語でコミュニケーションを取ることも可能です。でも、お互い初心者であれば文法を使わずに英単語だけで理解しあったり、間違った発音で覚えてしまうこともあります。私は正しい英語を身に付けたいので先生がルームメイトという環境はすごく良かったです。

 私は4週間しか「先生と同室サポート」を申し込まなかったので、最後の1週間は最初に住んでいた4人部屋に戻りました。「先生と同室サポート」の時は授業後はずっと先生と一緒に過ごしていたのと、グループ授業は日本人学生がクラスメイトだったので、他の国籍の学生さんと接するチャンスがありませんでしたが、4人部屋には韓国人学生さんがいたので、一緒に話すことが出来ました。

また、卒業の1週間前でしたので、授業後に他の学生さんと一緒に外出することも出来て良い思い出を作ることが出来たので、これはこれで良かったと思っています。

 ただ、英語の勉強という点で見れば、やはり「先生と同室サポート」に勝るものはないと思います。正直、最後の1週間は授業以外で英語を話す機会はありませんでした。もちろん、自分の行動次第だとは思いますが、普通の留学では「先生と同室サポート」の時のように英語を日常に使うという環境は作りづらいと思います。短期留学ならなおさらです。先生と仲良くなるまでに時間はかかりますし、自分が英語を話せるようになるまでも時間が必要です。

 常に先生が一緒に居てくれる「先生と同室サポート」は短期留学には必須だと思います。

 

MMBS入学日

2018年

11月:3日/17日

12月:1日/15日/29日

2019年

1月:12日/26日

2月:9日/23日

3月:9日/23日

4月:6日/20日

5月:4日/18日

6月:1日/15日/29日

7月:13日/27日

8月:10日/24日

9月:7日/21日

10月:5日/19日

11月:2日/16日/30日

12月:14日/28日

ターム開始日

ターム開始日(指定入学日)

2018年

11月5日(11月3日)

12月3日(12月1日)

12月31日(12月29日)

2019年

1月28日(1月26日)

2月25日(2月23日)

3月25日(3月23日)

4月22日(4月20日)

5月20日(5月18日)

6月17日(6月15日)

7月15日(7月13日)

8月12日(8月10日)

9月9日(9月7日)

10月7日(10月5日)

11月4日(11月2日)

12月2日(11月30日)

12月30日(12月28日)

 

 

フィリピンの予定休日

突然変更になる可能性がありますので、ご了承くださいませ。

2018年

8月27日(月)

National Heroes Day

 

11月1日(木)

All Saints' Day

 

11月2日(金)

All souls Day

 

11月30日(金)

Bonifacio Day

 

12月24日(月)

Christmas Eve

 

12月25日(火)

Christmas Day

 

12月30日(日)

Rizal Day

 

12月31日(月)

New Years' Eve

 

 

2019年

1月1日(火)

New Year's Day

 

2月5日(火)

Chinese New Year

 

2月25日(月)

EDSA

 

4月9日(火)

Araw ng Kagiting

 

4月18日(木)

Holly Week(Maundy Thursday)

 

4月19日(金)

Holly Week(Good Friday)

 

4月20日(土)

Holly Week(Black Saturday)

 

5月1日(水)

Labor Day

 

6月12日(水)

Independence Day

 

8月21日(水)

Ninoy Aquino Day

 

8月26日(月)

National Heroes Day

 

11月1日(金)

All Saints' Day

 

11月2日(土)

All Souls' Day

 

11月30日(土)

Bonifacio Day

 

12月24日(火)

Christmas Eve

 

12月25日(水)

Christmas Day

 

12月30日(月)

Rizal Day

 

12月31日(火)

New Years' Eve