英語がまったく話せない方におすすめのフィリピン留学

フィリピン大使館への事前申請について

フィリピン渡航時に15歳より大きいお子様はフィリピン大使館への事前申請は不要です。ここでご案内するのは渡航時に15歳になっていない14歳までのお子様が単身で渡航する際のお手続きの流れです。15歳になっていないお子様でも、保護者の方と一緒に渡航される場合はこのお手続きは不要となります。

 

●お住いの地域により申請する場所が異なりますので、ご注意ください。

 

関東:フィリピン大使館

関西:フィリピン領事館

北海道:在札幌フィリピン共和国名誉領事館

東北:在盛岡フィリピン共和国名誉領事館

沖縄:在那覇フィリピン共和国名誉領事館

 

 

●まずはフィリピン大使館からの注意をお読みください。

フィリピン大使館 「扶養・保証の同意宣誓供述書」

 

申請書類はこちらからダウンロードが可能です。

 

※ただし、申請書類があっても航空会社によっては出国を拒否される場合がございますが、その件に関しましては学校では責任を持てませんのでご了承くださいませ。各自で航空会社へ確認をお願い致します。

 

 

 

フィリピン大使館への事前申請の流れ(関東)

1.フィリピンへの往復航空チケットの予約

 

2.必要書類の準備(2015年7月現在)

 ・フィリピン大使館の指定書類(3種類を2枚ずつ)

 ・お子様の戸籍謄本(1部本物、1部コピー)

 ・フィリピンへの往復航空チケットの予約表

 ・お子様のパスポートの顔のページのコピー(2部)

 ・お子様の証明写真(2枚)

 ・申請される保護者の方のパスポートの顔のページのコピー(2部)

 ・お子様と申請される保護者の方のパスポート

 

3.フィリピン大使館へ書類申請(平日の午前中)

 

 (1週間後)

 

4.フィリピン大使館から書類の受取(平日の午後)

 

※申請方法は予告なしに変更される場合がございますので、詳しくはフィリピン大使館のHPをご自身でご確認下さいませ。申請書類はこちらからダウンロードが可能です。

 

 

 

フィリピン領事館への事前申請の流れ(関西)

1.フィリピンへの往復航空チケットの予約

 

2.必要書類の準備(2015年7月現在)

 ・フィリピン領事館の指定書類(2種類を2枚ずつ)

 ・お子様の戸籍謄本(1部本物、1部コピー)

 ・フィリピンへの往復航空チケットの予約表

 ・お子様のパスポートの顔のページのコピー(2部)

 ・申請される保護者の方のパスポートの顔のページのコピー(4部)

 ・お子様と申請される保護者の方のパスポート

 

3.公証役場にて外務省の認証

 

4.フィリピン大使館へ書類申請(平日の午前中)

 

 (1週間後)

 

5.フィリピン大使館から書類の受取(平日の午後)もしくは郵送

 

※申請方法は予告なしに変更される場合がございますので、詳しくはフィリピン領事館のHPをご自身でご確認下さいませ。また、申請書類はこちらからダウンロードが可能です。ただし、渡航形態により書類が異なりますので、フィリピン領事館にご相談くださいませ。

 

 

 

フィリピン入国時のお手続き

1.日本国内でフィリピンペソ(3,120ペソ 2015年5月現在)の準備

 日本国内で事前に準備してお子様にお渡ししておいてください。もしくは日本円で1万円をご準備くださいませ。現地にて待機しております日本人スタッフが空港にて両替をしてご準備致します。この費用はフィリピン入国時のイミグレーションでのお手続きに必要になり、通常、両替所はイミグレーションを通過した後の場所にございます。その為、フィリピンに入国してから両替をすることはお子様お一人では大変困難ですので、ご理解下さいませ。

 

2.航空会社へのご説明

 フィリピン大使館でお子様の単身渡航の事前申請をしていても、航空会社の中にはこの書類の存在すら知らない場合がございます。その為、日本出国時の受付カウンターで渡航をお断りされる場合がござますが、その際はすみやかにMMBSの日本人スタッフにご連絡くださいませ。航空会社の方とお電話にてきちんとご説明させて頂きます。

 

3.フィリピン空港での申請

 フィリピンに到着致しましたらイミグレーションでは通常の列に並ぶのではなく、直接イミグレーションのオフィスへ向かい、入国の事務手続きを行います。マニラ空港はターミナルが1~4まであり、航空会社によって到着するターミナルが異なります。その為、各ターミナルごとにイミグレーションのオフィスの場所が異なります。

 

4.MMBSの現地スタッフのお出迎え

 お子様はお一人ではイミグレーションのオフィス、もしくは航空会社のオフィスから出ることは出来ません。その為、MMBSの現地スタッフがイミグレーションのスタッフ、もしくは航空会社のスタッフに指定された場所までお子様をお迎えに行きます。お出迎えの担当スタッフは事前に保護者の方へ決まり次第、ご連絡させて頂きます。

 

 

※お子様が単身で渡航する場合、上記全ての対応をお一人ですることになります。その為、英語が話せないお子様や初めてフィリピンに渡航されるお子様がお一人で対応することは大変難しいことをご理解下さいませ。

 

※MMBSのスタッフは出来る限りのサポートさせて頂きますので、保護者の皆様はお気軽にスタッフにご相談くださいませ。

 

 

 

 

実際に単身渡航をされましたお子様のお母様からのご感想です。

2015年7月~ 4週間 中学生 女の子

 

関西在住

フィリピン領事館に申請

関西空港からフィリピンエアライン(PR407)を利用


 娘は、14歳の為、春は私が一緒に渡航いたしました。夏も当初はそのつもりで航空券を親子で予約していたのですが、直前に入学日を1週間早めることになり、どうしても私が渡航できなくなりました為、一人で入国する手続きに変更いたしました。(フィリピンは15歳未満の入国は、原則親と一緒だそうです。例外として、事前に大使館もしくは領事館での入国手続許可が必要だそうです)

 

 関西在住の為、大阪ビジネスパーク・ツインタワーにあるフィリピン領事館に参りました。必要書類は、大阪領事館のホームページに記載がありますが、判断しかねる部分もあり、佐藤さんにサポートをお願いしました。

私の場合は、結局提出書類(パスポートの写しや戸籍謄本・住民票とは別に)は2枚でした。(東京の大使館とは異なるそうです)パスポートの写しは保護者の分も必要です。万が一フィリピン政府が求めた場合は、、「保護者である者がすぐに迎えに行く」といった趣旨の届出であるためです。


手続きは月曜日から金曜日までの午前中です。渡航許可は1週間後には発行されました。手続き自体は、子供同伴の必要はなく、親や代理人でも可能です。許可書は郵送もしてくれるようですが、私は心配でしたので、受取に行きました。

 

 1回目の手続き時間は約1時間強程度、2回目の受け取りは約15分程度でした。(両日とも、渡航手続きのデスクは比較的すいており、待ち時間は10分程度でした。注:在日フィリピン人の手続きデスクと渡航手続きデスクはドアが違います。在日フィリピン人用のデスクのある部屋はとても混雑してます。最初間違ってそちらで並んでしまい、時間を無駄にしてしまいました。)


 費用は、6500円です。


 許可書は、提出した書類+領事館が発行した書面(赤のリボンと印が押してあります)が束になっています。こちらの許可書をマニラの空港にあるイミグレーションオフィスに提出します。(親が同行する場合は、こちらのオフィスに行く必要ななく、通常のパスポートチェックだけで入国できます。春はそのように入国いたしましたが、とても簡単でした。)

 

 今回は、航空会社社フィリピン航空(PR407)を利用しました。関西空港で搭乗手続きを致しました折に、係員の方が、マニラでのサポートが必要かを尋ねてくれ、「ぜひお願いしたい」旨の依頼をいたしました。(その折に初めて知ったのですが、フィリピン航空(PR407)は、関西空港での手続きは日本航空が業務提携しているようです。 娘が14歳であることに気づき、サポートの希望を尋ねてくれたようです) 娘によりますと、マニラでは現地の係員の方がオフィスまで付き添ってくれたそうです。もし、フィリピン航空をご利用される場合は、サポート依頼を一考されるのもよろしいのではと存じます。


 イミグレーションオフィスでの手続きが済むと、出口にMMBSのスタッフの方が迎えに来てくれています。空港でのイミグレーション手続きは、日本円で約10,000円でした。


 14歳未満の渡航手続きとしての費用は、約16,500円でした。(空港での費用約10,000円は、ペソでの支払いの為、為替変動があります。)

 

 心情を考慮しますと、保護者が一緒に渡航する方が安心ではございますが、どうしても難しい場合は、上記のような手続きの道はございます。今回、関空で一緒の便で渡航された14歳の男の子のお母様は同行されました。帰国便が一緒でしたので、空港でお話をし、14歳未満の単独入国の手続きの話になりました。次回は単独入国も検討されていらっしゃるようでした。他にも興味がある方がいらっしゃるのかもと思い、コメントさせていただきました。

 

入国後は、未成年の場合は、MMBSのスタッフの方が空港までの送迎にも付き添ってくださいますので、空港での手続きを済ませることができましたら、とりあえず一安心です。スタッフの方と合流後は、ライン(写真つき)で連絡くださいます。入国や帰国のスケジュールは、随時ラインやツイッターで情報を下さいますので、有難いです。

 

長くなりましたが、未成年の渡航につきまして、体験の限りではありますが、コメントさせていただきました。もちろん、「私の場合は」で、すべてのパターンにあてはまるわけではないと存じますが、ご参考になればと存じます。

 

MMBS入学日

2017年

12月:2日/16日/30日

2018年

1月:13日/27日

2月:10日/24日

3月:10日/24日

4月:7日/21日

5月:5日/19日

6月:2日/16日/30日

7月:14日/28日

8月:11日/25日

9月:8日/22日

10月:6日/20日

11月:3日/17日

12月:1日/15日/29日

 

ターム開始日

2017年

ターム開始日(コース変更日)

12月4日(12月2日)

1月2日(12月30日)

2018年

1月29日(1月27日)

2月26日(2月24日)

3月26日(3月24日)

4月23日(4月21日)

5月21日(5月19日)

6月18日(6月16日)

7月16日(7月14日)

8月13日(8月11日)

9月10日(9月8日)

10月8日(10月6日)

11月5日(11月3日)

12月3日(12月1日)

12月31日(12月29日)

 

 

休日と振替授業のお知らせ

 

11/27 Tarlac Holiday

12/1 Bonifacio(移動)

 

※2018年から振替授業は行いません。

フィリピンの予定休日

突然変更になる可能性がありますので、ご了承くださいませ。

2017年

11月30日(木)

Bonifacio Day

 

12月25日(月)

Christmas Day

 

12月30日(土)

Rizal Day

 

12月31日(日)

New Years' Eve

 

 

2018年

1月1日(月)

New Year's Day

 

2月16日(金)

Chinese New Year

 

2月25日(日)

EDSA

 

3月29日(木)

Holly Week

 

3月30日(金)

Holly Week

 

3月31日(土)

Holly Week

 

4月9日(月)

Araw ng Kagiting

 

5月1日(火)

Labor Day

 

6月12日(火)

Independence Day

 

8月21日(火)

Ninoy Aquino Day

 

8月27日(月)

National Heroes Day

 

11月1日(木)

All Saints' Day

 

11月2日(金)

All souls Day

 

11月30日(金)

Bonifacio Day

 

12月24日(月)

Christmas Eve

 

12月25日(火)

Christmas Day

 

12月30日(日)

Rizal Day

 

12月31日(月)

New Years' Eve