英語がまったく話せない方におすすめのフィリピン留学

バリスタ ワークショップ

 

MMBSの近くにあるカフェ「Jack Meets Kaldi」では、バリスタのワークショップを開催しております。MMBSの学生さんもこちらのワークショップに参加することが出来ます。ただし、ワークショップは英語で行われますので、英語力を頑張って伸ばしてから参加してください。ワークショップの後はカフェで2週間インターンシップをすることが出来ます。

 

開催人数:3~6名

ワークショップの様子

カフェでのインターンシップの様子

インターンシップ中もワークショップの講師人が学生の皆さんをサポートしてくれます。コーヒーに関する知識をおさらいしたり、道具の使い方やラテアートの練習も見てくれます。

 

ラテアートの練習

参加者の感想

YUTO君

以前からコーヒーについて興味はあったのですが、きっかけが無かったので一歩踏み出せずにいました。MMBSでの留学生活が半分を過ぎた頃、コーヒーについて学べるという話があり、しかも英語での参加という事でいいきっかけになると共に自分の英語力を試せるいい場だなと思いこのバリスタのワークショップに参加しました。

ワークショップの講師は英語学校の先生とは異なるので講師の英会話レベルや、自分の英語の理解度など不安はありましたが、僕たちの理解を促してくれるような説明でとても分かりやすい授業内容でした。また、常に質問しやすい雰囲気を作ってくれたり気配りも行き届いてると思いました。例えば、 僕が質問した事に対してプラスαの答え

を返してくれるので、もっといろいろなことを知りたくなって、臆さずに質問をするようになりました。

 

ワークショップでは多くのことを学びました。コーヒーは淹れ方や時間の差で味が変わるので、決めたルーティンをこなす事がコーヒーの味を決めるということです。豆や水も大事ですが、それ以上に淹れ方が大事だという事を学べました。ラテアートでは、見た目で味が変わるとは思いませんが、見た目(ラテアートのクオリティ)でそのコーヒー一杯の価値は変わると思いました。 コーヒーは生活の一部にしたくなるような不思議な魅力があり、今回そのことをより強く感じました。将来カフェのオープンを考えてることを伝えると、その為に必要なことやするべき事をパッションを持って伝えてくれました。インターンシップ中にたくさんのことを学びましたが、カフェが忙しくなると自分が出来ることが無かったのが残念でした。

 

良いコーヒーを飲んだり、淹れてみたり、実際にやってみる事はとても大事で、生きた知識が身についたと思えた事はとても良かったです。これからもワークショップなどに積極的に参加していこうと思いました。

自分は将来、自分のカフェを開きたいと思っているので、今回の経験は今後に活かせると思いますが、そうでない人もコーヒーが好きであれば楽しめる内容のカリキュラムになってると思います。このワークショップとインターンシップは英語学校の時間を割いての参加(ワークショップは木金、インターンシップは授業後夕方から門限まで)になるのですが、参加をしてみてワークショップもインターンシップも英語学習の妨げになるとは思わないので興味があれば参加することをお勧めします。

 

RISAさん

バリスタ

 

ワークショップに参加して良かった点はコーヒーについての理解が深まったところです。学んでからは本当に自分はコーヒーについて何も知らなかったのだなと今でもカフェでコーヒーを頼む時に思います。

 

ワークショップ中は当たり前ですが英語でのやり取りなので、その場で理解する事が難しかったです。質問してもよく分からない部分があり、後々調べる必要がありました。原因は私の英語力と現地の人の訛りだと思います。そして資料も専門的な単語が多く、調べても分からない部分が多々ありました。そのためワークショップに参加している人同士の助け合いが重要だと思いました。講師の方が一生懸命説明してくれましたがやはり理解がしにくいと感じました。協力し合って何回も質問すれば分かる内容だと思っていたのですが正直日本人スタッフの方々や付き添いの先生の助けが無ければ理解が弱いまま終わっていたと思います。そのため、参加するのであれば英語力は必須だと思います。英語力があれば、たった2日間でコーヒーに関してたくさんの情報を教えて頂いたので良かったと感じました。印象に残っているのは同じコーヒーでも味や匂いにたくさんの種類があると教えられた時です。匂いのサンプルを嗅いで何の匂いなのかを当てる練習をしましたが全く当たらず、難しかったのですがとても面白かったです。

 

インターンでは、注文されたコーヒーを作ったりいろんな機械を使ってコーヒーを淹れて味を比べたりしていました。私の時はオーダーを受けたり料理を運んだりはしませんでした。ラテアートについては、1日1度自分の分を作って練習できます。しかし、その他はお客さん次第で1日の練習できる量も変わるので、出来るだけ多くインターンには行った方がいいなと感じました。

 

私は、このワークショップやインターンは簡単には勧められないと思います。他の学校より安いとはいえ留学中には大金(20,000ペソ)ですし、インターンの時はコーヒーを飲むので眠れなくなったりして勉強に支障が出ました。なので、英語力を伸ばしたいのなら英語の勉強を優先させた方がいいのかなと思います。ただ、今後資格が必要な人にはお勧めできます。バリスタを目指す人は今後の予習という形で役に立つと思います。私はこの後オーストラリアに行くので、その時にカフェでこの資格が使えたらいいなと思い今回参加させて頂きました。もし利用する事が無くなっても良い会話の種にはなると思うので私は活かせると思います。

Maryさん

 もともとカフェが好きなのと日本より安く受けられると聞いてこのワークショップに興味を持ち参加しました。

 

 ワークショップ中は講師の皆さんはとても親切に教えてくれました。最初は英語での会話に緊張していましたが、いつも笑顔で接してくれたので緊張感もほぐれ、ジェスチャーを交えて会話してくれたので、英語上級者ではない私でも理解しやすかったです。ただ、全て英語のワークショップなので1回で理解できない部分もありました。今回シネッソマシーンの使用方法を学んだことはとても良い経験になりました。みんなに見られている中で時間を計って、マシーンを使用したのでとても緊張しました。今までカフェが好きでしたが、コーヒーについてあまり知識はありませんでした。ですが、ワークショップ受講後はコーヒーに触れる場面で、習ったこと全てを思い出しながらコーヒーを味わうことが出来ます。豆の焙煎時間や抽出時間、抽出方法、いい豆の場合は一つ一つ手摘みになるので、コーヒー農家の人の苦労など、そういったことまで考えるようになりました。

 

 インターン中はコーヒーを無料で作らせてもらえたので、その際もしっかりと抽出方法などを指導してくれるので練習になりました。インターンについては、ワークショップの時とは違い少しダラダラとした雰囲気だったので2週間は長いと思いました。お客さんも少なかったので実際にコーヒーを煎れる場面が少なかったのが残念でした。そのため、私は3-5日ぐらいで丁度良いと感じました。今後カフェで働きたい人の場合は、カフェで働く雰囲気が味わえるのでいいと思います。ラテアートはすごく難しかったです。ミルクのスチーミングから、カップに注ぐときの角度、勢いなどすごく細かなところに注意して行わないと、上手く白いミルクの部分が上に上がってこないので、本当に難しかったです。

 

 今までコーヒーに関して特別な知識もなかったですが、スペシャリティーコーヒーの歴史や特徴、コーヒー豆の生産について深く知る事ができたので、これからコーヒーを飲むときは味わって飲めると思います。もらった修了書が今の時点ではどれだけ有効なのかがよくわからないので、海外でどのようにつかえるのかが気になりますが、今回全て英語でのワークショップに参加することによって、授業とは違うところから英語を学ぶことが出来たのはとても良い経験になりました。英語で人と接する機会がもて、実際に英語力も身についたと思うので、興味がある人には勧めたいです。

                                                      

YOKOさん

普段コーヒーを飲む機会が多かったことと、MMBS卒業後にカナダへワーホリに行く際に役に立つと思いバリスタのワークショップに参加しました。

 

 ワークショップでは講師の方がアットホームな雰囲気で話しかけやすかったです。いつでも質問できるよう気を配ってくれました。ただ、自分の英語力が足りず、相手の言っていることが分からなかった時はつらかったです。授業ではコーヒーの飲み比べが一番印象に残っています。コーヒーを入れる温度を変えるだけでも味に変化があったので興味深かったです。コーヒー豆の賞味期限は開封してから一週間から10日だそうですが、開封したての豆と古い豆で味が全く違うことに驚きました。

 

 インターンシップに参加することによって自分から積極的に話しかけたり、質問することができるようになったと思います。インターン中10杯程度ラテアートの練習ができました。友達が応援に来てくれたので、ラテアートの練習が多く出来ました。ハート、チューリップ、リーフのラテアートを作りました。ラテアートは思った以上に難しかったです。お客さんでラテアートを待っているときは長いなあと思っていましたが自分でやってみるとすごく時間がかかることに気づきました。ワークショップに参加をしたことによってコーヒーの奥深さを知り、味わってコーヒーを飲むようになり、以前よりおいしく感じます

 

 コーヒーに関しての筆記のテストが合計でテストが二回ありましたが、ワークショップ中に受けた一回目は難しいと感じましたが、一回目の模試を復習したので2回目はそれほど難しく感じませんでした。

 

 ワーホリに行く人にはこのバリスタのワークショップはおすすめしたいです。終了証が発行されることや、英語で自分の意志を伝えようと努力した経験がワーホリで活かせると思います。

 

MISUZUさん

 MMBS卒業後にワーキングホリデーでオーストラリアに行った時に、バリスタコースを受講しようと考えていました。その前にバリスタがどういうものか経験できるいい機会だと思い参加しました。

 

  私が調べたオーストラリアのバリスタコースの学校は5週間で32万円程でした。コーヒーの歴史など基本的なことから、実践で使える接客英語がコースの内容に含まれていました。学校併設のカフェや学校内のカフェでインターンが出来るところ、ローカルカフェでインターンができる学校がありました。ここでのワークショップは2週間のインターンシップ付きで20,000ペソでした。

 

ワークショップで学んだ内容でラテアートが特に印象に残っています。ミルクのスチーミング具合や温度などによってアートの作りやすさが変わることを知りました。講師の方が自由に練習させてくれたので温度を調整したり、いろいろなパターンで作って練習できました。また、ワークショップは実技だけでなくコーヒーについても学び、コーヒーは豆の産地、栽培地の標高によって、抽出時間等によって味が変わるので奥が深いと思いました。

 

 インターンシップでは自分のやりたい事を尊重して、好きな練習をさせてもらえました。時には珍しいお水を使ってコーヒーを入れる練習や、100均グッズで練習できる方法を教えてくれたことが印象的でした。

 

また、ブルーミングの練習などをたくさんさせてくれました。ラテアートは難しかったですが、バリスタの方が丁寧に教えてくれて作れるようになりました。ハートのラテアートを作りました。合計で20杯ほどラテアートを作りました。

 

 バリスタやコーヒーに興味がある人や、ワーホリなどで海外に行き、カフェで働きたい人におすすめします。特にオーストラリアのメルボルンではカフェで働きたい人が多くいるそうなので、ここでの修了証は役に立つと思います。ここで一度経験しておくと、他の場所で学ぶ際に理解や吸収が早くなると思います。コーヒーについて一から学ぶことができたのでとても楽しく、コーヒーについて更に深く学びたいと思いました。コーヒーのテイスティングをたくさんするので、コーヒーが苦手な方はコーヒーに慣れておくといいと思います。

 

 

MMBS入学日

2017年

10月:7日/21日

11月:4日/18日

12月:2日/16日/30日

2018年

1月:13日/27日

2月:10日/24日

3月:10日/24日

4月:7日/21日

5月:5日/19日

6月:2日/16日/30日

7月:14日/28日

8月:11日/25日

9月:8日/22日

10月:6日/20日

11月:3日/17日

12月:1日/15日/29日

 

ターム開始日

2017年

ターム開始日(コース変更日)

10月9日(10月7日)

11月6日(11月4日)

12月4日(12月2日)

1月2日(12月30日)

2018年

1月29日(1月27日)

2月26日(2月24日)

3月26日(3月24日)

4月23日(4月21日)

5月21日(5月19日)

6月18日(6月16日)

7月16日(7月14日)

8月13日(8月11日)

9月10日(9月8日)

10月8日(10月6日)

11月5日(11月3日)

12月3日(12月1日)

12月31日(12月29日)

 

 

休日と振替授業のお知らせ

※2018年から振替授業は行いません。

フィリピンの予定休日

突然変更になる可能性がありますので、ご了承くださいませ。

2017年

10月31日(火)

Special Holiday

 

11月1日(水)

All Saints' Day

 

11月30日(木)

Bonifacio Day

 

12月25日(月)

Christmas Day

 

12月30日(土)

Rizal Day

 

12月31日(日)

New Years' Eve

 

 

2018年

1月1日(月)

New Year's Day

 

2月16日(金)

Chinese New Year

 

2月25日(日)

EDSA

 

3月29日(木)

Holly Week

 

3月30日(金)

Holly Week

 

 

3月31日(土)

Holly Week

 

4月9日(月)

Araw ng Kagiting

 

5月1日(火)

Labor Day

 

6月12日(火)

Independence Day

 

8月21日(火)

Ninoy Aquino Day

 

8月27日(月)

National Heroes Day

 

11月1日(木)

All Saints' Day

 

11月2日(金)

All souls Day

 

11月30日(金)

Bonifacio Day

 

12月24日(月)

Christmas Eve

 

12月25日(火)

Christmas Day

 

12月30日(日)

Rizal Day

 

12月31日(月)

New Years' Eve